施工実績

トップページ | 施工実績

熊澤板金の建築板金

伝統と職人技術

建築板金は、主に屋根、外壁、雨樋などについて、薄い金属板を変化や加工して、建物への取り付け工事を行うことです。この際、板金製品の製造、修理などを行います。またメンテナンスに関しては、調査、修理なども行います。

神社


銅板葺き

神社や仏閣の屋根や鳥居の改修工事には、銅板葺きという技術が使われています。銅板葺きは日本の伝統的な建築技術で、耐震性と耐久性が高く、古来から大切な文化財建築を火事や劣化から守ってきました。


技術の継承

銅板葺きは美しい色の変化を楽しむこともでき、煌びやかなアカ色から緑青色へと変わります。また、銅板葺きは非常に軽量で耐震性が高いため、日本の伝統建築に欠かせない技術となっています1。神社や仏閣の屋根を美しく守り続けるために、銅板葺きの技術を継承していくことが重要です。

住宅


一般住宅の板金工事

板金屋根は軽量で強度が強く、建築物の耐震性を高めることができる
板金は加工が容易で継ぎ目や隙間も少ないため雨水の入る隙間も少なくできる
板金はメンテナンスが楽
板金屋根は勾配少ない屋根にも適しています

工場


カバー工法

工場や倉庫の屋根を修繕する際には、いくつかの方法があります。その中でも「カバー工法」が一般的に選ばれています。カバー工法は、既存の屋根の上に新しい金属屋根を重ね張る方法です。

商業施設


保温、保冷、防水

建物の外装や屋根に関連する作業で、保温や保冷、防水などの目的で行われます。
屋根、外壁、樋修理は元より、商業施設ならではのデザイン性に飛んだ外装もいたします。

小物


オーダーメイドの小物など

オーダーメイドの樋、アンコウ(集水器)、飾り物等の一品物の製作、古い銅製品の修理等、も行っています。 様々な物が機械で量産化されている今こそ、人の手で作り出す物を、見直していきたいと思います。